【マレーシアで買い物】電子マネーアプリ Touch’n Go e-wallet(タッチンゴー イーウォレット)

tnge-wallet 知っていると便利
この記事は約4分で読めます。

こんにちは!マレーズです。

近ごろは世界中で現金やカード決済のほかに、沢山の種類の電子マネーで支払いできるところが増えていますね。ここマレーシアでも、電子マネー(QRコード決済)がコロナ禍を境に急速に普及しました。

マレーシアの電子マネーにはどんな種類があるの?と思う方もいらっしゃるかと思います。そこで今回は、マレーシアでのトップシェアを誇る【Touch’ n Go e-wallet】についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Touch’n Go e-wallet(タッチアンドゴー・イーウォレット)とは?

「Touch’n Go e-wallet」とは、マレーシアで最も使われている電子マネー(QRコード決済)の一つで、Touch and Go(タッチ&ゴー)の略。マレーシアでは「TnG」と表示されていたり、「タッチンゴー」と呼ばれていたりします。

このアプリが一つあるだけで沢山のことができるので、マレーシアでの生活にはかかせないアプリの一つになっています。

マレーシアの電子マネー

マレーシアで主に使われている電子マネーについてまとめています。

タッチアンドゴー(タッチンゴー)e-wallet アプリで使えるサービス

タッチアンドゴー e-walletは(タッチンゴー)普段の買い物やレストランでの支払いだけでなく、電気代・上下水道代・高速料金・路上の駐車料金・引越し代金・旅行先でのツアー代金などさまざまな支払いにも使えます。

2018年以前は買い物やレストランでの支払いは、現金かデビットカードまたはクレジットカードが主流だったので、このような電子マネーの普及で生活の質(QOL)は劇的に上がりました。

移動や旅行関連サービス

保険や送金・カードなどのファイナンス系サービス

公共料金や通信料金などの支払いやフード関連サービス

チケットやエンタメ系サービスやショッピング系サービス

寄付やその他特別なサービス

タッチアンドゴー・イーウォレットの使い方

レストランや店舗での支払い方法

タッチアンドゴー・イーウォレットアプリを使った支払い方法については、下の記事にまとめています。

※レジにQRコードがない場合:Payをタップしてお店の人にご自分のアプリのQRコードを読み取ってもらうか、お店の端末にかざして読み取る。金額が表示されることが多いので、間違っていないか確認してから支払う。

タッチアンドゴー・イーウォレットのチャージ(リロード)方法

イーウォレットに十分な残高がない場合は、支払う前に支払い額以上のお金をチャージ(リロード)しておきます。ちなみにチャージのことをマレーシアでは「Top Up」とも言います。

1.タッチアンドゴー・イーウォレットのアプリを開き、下の画像の「Reload」をタップ

2.「Enter your amount」欄をタップして、リロードしたい額 (今回はRM30) を入力し一番下の「Reload eWallet」をタップ。今回はカードからRM30リロードする方法をご紹介します(^-^)

※下のRM100・RM200などの金額リストから選んでもOK!また金額が少なくなってきたら自動的にリロードしてくれる機能もあります。

3.このページでは「クレジットカード」または「デビットカード」からのリロードか、あらかじめ登録しておいた銀行口座から直接リロードできる「DuitNow Transfer」から選べますが、今回はカードからのリロードなのでそのままでOK。

そして、ご自身のカード番号の部分をタップするとリロードすることができます。

4.リロード(トップアップ)完了!

このようにマレーシア生活するうえで、電子マネー(QRコード決済)アプリは使えるとQOL(生活の質)が格段にUPします(^-^) 使ったことがない方は、この機会にぜひ使ってみてくださいね!

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました