【学校教育】日本の教育編

教室 教育について
この記事は約4分で読めます。

んにちは!マレーズです。

日本の学校教育については、さまざまな所で議論されていますね。今の子どもたちが受ける教育がこれからの日本の将来に影響を与えていくので、こどもの教育というのはとても大事だと感じていますが、同時に親のエゴの押し付けになってしまってはいけないとも感じています。

そこで今回は、我が家の子どもたちがいま受けているマレーシアでの教育を見ていてマレーズが感じている、日本の学校教育についてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

日本の学校教育

我が家はマレーシアに8年住んでいて、子どもたちは現地のインターナショナルスクールに通っていますが、日本の学校で一人一台のパソコンを使った授業は海外よりもまだまだ少ないように思うのと、特に日本の学校教育の下の2つの点に問題を感じています。

オンライン授業

オンラインレッスン

マレーシアの学校は2020年から2021年10月頃までのコロナ禍のロックダウン中閉鎖され、子どもたちは学校に行けなくなってしまいましたが、学校によって開始時期に差はあったものの多くの学校では比較的早期にオンライン授業がスタートし、生徒たちはしばらくの間自宅や本国などで毎日オンライン授業を受けていました。

しかし日本では私立などの一部の学校を除き、紙を中心とした授業がメインでオンライン授業がなく学校はしばらく休校で先生が各生徒宅に宿題用のプリントを配って回ったという話を、日本の学校に通うお子さんを持つ友人や知人に聞きました。

海外と日本の学校でこれだけの違いが出てしまっていることはとても大きな問題で、学校にこのような環境の変化にすばやく対応できる能力があるかないかで、大げさではなくこれから先の国力に差がつくのは当然だと納得してしまいましたが、納得しているだけじゃ何も変わらないですね。日本の教育にも、どんなことが起こってもすぐに対応できる瞬発力が必要だと感じています。

英語の授業

授業
海外の学校の授業風景

日本の学校では英語の授業が小学校3年生からスタートしていますが、勉強内容が大学受験のための勉強になってしまっているのが現状で、学校で習った英語を友達や先生ともすぐ使える環境が周囲に少ない日本の場合、学校で習う英語だけでは英会話力はほとんど身につかないと思います。お子さんが外国人の友人を作ることが難しく、日常会話で使う英語を習えて話せる場所が少ないという環境の影響も大きいですね。

また日本の学校で習う英語と、海外でよく使うスラングなどを含めた口語的な英語が違うことも、私は海外に住むようになってさらに知りましたし、日本の公立や私立の学校で習う英語では実際にスムーズに会話できるようにはなりにくいと感じています。

日本にある、海外の教育プログラムが習えるインターナショナルスクールなどは例外です。

マレーシアでの生活でマレーズが思うこと

日本の学校では、テストの点数や偏差値・進学先の学校などで子どもの優劣が判断されるような風潮だったり、希望校合格!など受験のための教育がメインで、もちろん全員ではないと思いますが名の通った大学に入ることが目標になってしまっているお子さんも多くいらっしゃるように感じています。

マレーズは、有名・無名に関わらず学校に行くことは目標ではなく、あくまで通過点と考えています。大事なのは、学校を卒業してからの自分の生き方。

どんな有名な学校に通って卒業するかよりも、学校では子どもたちが先生や友だちとのびのびと楽しく学べて、勉強の中からいろんな発見をしたり研究していくなかで、子どもたちが自分の将来に繋がる何かを発見できたり、卒業後にどんな道に進みたいかをいろんな選択肢から決められるように、先生から学びやアドバイスをもらえる場所であることが大切だと思っています。

でも、「教育」というテーマが膨大なのと、教えるための知識と設備や人材確保のための資金力も必要な分野なので、改革はなかなか一筋縄にはいかないですね…

ただコロナで学校に行けなかったお子さんを持つ親御さんは、学校教育についてさらに深く考えさせられる場面が多かったのはないでしょうか? 

日本の学校教育や環境にも、もちろん海外の教育にはない素晴らしい面が沢山あると思いますし、マレーシアの学校にももちろん問題に思うところは実際にあります。ただ今回は日本の学校教育にフォーカスして、お話ししました。

マレーズが日々感じていることを書いてみましたが、みなさんそれぞれ生活環境が違えば感じることや価値観そして考え方も違うと思うので、いち意見として読んでいただけたらと思っています^_^ 

ご意見などありましたら、お気軽に「お問い合わせ」ページやTwitter&インスタグラムのDMなどからお聞かせくださいね。お待ちしています^_^

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました