【マレーシア】の有名なデザート

かき氷 マレーシアのスイーツ
この記事は約4分で読めます。

こんにちは!マレーズです。

マレーシア人は甘いものが大好きなので、ショッピングモールやフードコートなどには必ずデザートやさんがあっていろいろな種類のデザートを食べることが出来ます。

日本にはないマレーシアならではのデザートがたくさんありますね。そこで、今回はマレーシアでメジャーなおすすめのデザートについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

マレーシアの代表的なデザート

アイスカチャン

 【Ais Kacang (アイスカチャン)】は、1930年ころにペナン島で誕生したと言われているマレーシアのかき氷。「kacang」(カチャン)はマレー語で「豆」という意味で、かき氷の小豆やナッツ・仙草のゼリー・スイートコーン・Cendol(チェンドル)・練乳などがのっています。

【cendol(チェンドル)】とは、米粉を「Pandanus」(パンダナス)という木の葉で色付けした細長い緑色のゼリーのこと。マレーシア以外でも東南アジアの広い地域で食べられており、ご当地かき氷のように地域によって入っている具が異なります。いろんな場所でアイスカチャンの食べ比べをしてみるのも、楽しいですね!

豆腐花

中華系デザートの豆腐花は、豆腐がベースの温かいデザート。日本では豆腐のデザートといえば杏仁豆腐のイメージだと思いますが、マレーシアでは豆腐にシロップやグラマラッカ(マレーシアの黒糖)がかかった豆腐や、餅や小豆・アイスクリームなどがトッピングされている日本のあんみつのような豆腐花もあります。

室内はクーラーが効いて寒い場所が多いマレーシアでは、こういった温かいデザートも人気がありますね。

アイスゴレン&ピサンゴレン

「アイスゴレン」や「ピサンゴレン」はマレーシアの屋台でよく売っているデザートで、「アイスゴレン」は日本でいうアイスクリームの天ぷらのようなデザート。熱々の生地と中のアイスの冷たさが合わさって、できたてを食べるとなんとも言えない美味しさ。

そして、マレー語でバナナという意味の【pisang(ピサン)】これを天ぷらのような衣につけて揚げたものを「ピサンゴレン」といいます。【Goreng(ゴレン)】は炒める・揚げるという意味のマレー語。

こちらも一口サイズで揚げたてをおやつに食べたい美味しいデザートです。

クエ

Kuih(クエ)とは、マレーシアにあるお菓子の総称。マレー系マレーシア人がもともと食べているKuihやマラッカに代表されるの華僑(中国からの移民)が持ち込んだとされるKuih・インド系マレーシア人がよく食べるクエなどがあります。なかでも中華系のクエは、色がとてもカラフル。でもこれらの色は植物から色を採取しているので、安心して食べられる体にもいい美味しいデザートです。

材料は違いますが、見た目は日本の和菓子にも似ているので私達日本人にとっても食べやすいデザート。

パイナップルタルト&エッグタルト

パイナップル(Nanas)がよく採れるマレーシア。パイナップルが地名となっている場所(Pekan Nanas)が、マレーシアのジョホール州にあるくらい(map参照)地元の人たちにも馴染み深いフルーツ。これを使った「パイナップルタルト」がマレーシアでは(シンガポールでも)有名で、良く食べられています。特に中華系の間で「パイナップル」は繁栄を表す縁起物として扱われているので、毎年1-2月のチャイニーズニューイヤー(春節)の時期にはお店でたくさんのパイナップルタルトが売られるようになります。

そして、もう一つ有名なのが「エッグタルト」。こちらは焼き立てが買える屋台やお店が多く、焼き立てを食べるとほんとに幸せ~と感じる美味しさです♪

タピオカ(ボバ)&サゴドリンク

日本でもお馴染みの「タピオカ」。中国語で「波覇(ボバ)」ということから、「タピオカ」はマレーシアを始めとして海外では「Boba」「Bubble」と言われています。海外で「タピオカ」という単語は通じないので、気をつけてくださいね。

そして「サゴ」とは、サゴヤシの幹にあるでんぷんで作られたタピオカよりもかなり小さいつぶつぶな食感が楽しめる食べ物で、マレーシアではメジャーです。スーパーなどでは、ドライサゴやタピオカを買うことが出来るので、家でも茹でてドリンクに入れて楽しむことができます^_^

これら「タピオカ」や「サゴ」を使ったドリンクが、マレーシアでも人気でマンゴー・抹茶・レモンティーやハーブティーなどのいろんな飲み物に入っていたり、お店によってはトッピングで追加することもできます。

マレーシアの人気デザートはどこで食べることができる?

上でご紹介したこれらマレーシアの有名なデザートは、道路沿いにある屋台やお店・朝市&夜市・スーパーやショッピングモールにあるフードコート・民族別(マレー・中華系・インド系)のレストランやコピティアムと呼ばれる中華系のカフェなどで食べることができます。

上でご紹介したデザートはほんの一例で、こういったマレーシアの伝統的なデザートのほかに、いまどきな新しいデザートなどまだまだ種類がたくさんあるので、ぜひマレーシアでいろいろと食べてみてくださいね!

※画像は後日追加予定です^_^

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました